弱さのアピール

自分は弱いのだとアピールする。
だから勘弁してくれ、許容してくれ、(そんな弱い自分を)認めてくれ。
そのうち卑屈な人間になってしまう。

人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。
いるのは弱さに甘んじている人間と、
強くなろうと努力している人間だけだ。
本田宗一郎

強い人間なんてどこにも居やしない。
強い振りの出来る人間が居るだけさ。
「風の歌を聞け」村上春樹

人間は皆弱い。誰だって苦境からは逃げたい。
弱いのが大前提なのだ。それは所与の条件として飲み込んだ上で、
では、その弱さをかかえたままどう「強く」あるかを考えようと思う。

関連記事

  1. 間違いに間違いを重ねる

  2. これはゲームだ

  3. 時間軸と空間軸でアイデアを出す

  4. 物事の「つながり」を意識する〜システム思考〜(県診断協会HP寄稿)

  5. 攻撃性を減らすには

  6. ビジネス心理学2_松竹梅を準備(おとり効果)

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)