配られたカードでうまくやるしかない

経営をポーカーにたとえてみる。

ポーカーでは、配られたカードでなんとかするしかない。
カードチェンジはできるけれど、それも結局は「配られたカード」ではある。今よりもいいカードが配られる保証もない。

経営で言えば、手持ちの経営資源(人モノカネ)でなんとかするしかないのだ。
有能な人材が突然入社する、誰かが製造設備を貸してくれる、出資者が現れる・・・可能性はゼロではないが、それに期待しても何も変わらない。
カードチェンジはできるかもしれない。例えば、社員をクビにする、新事業を始めるなど。
それでも、もういちどカードをもらう機会ができるだけで、「配られたカードでなんとかする」という本質は何も変わらない。

ポーカーで、ディーラー(カードを配る人)やゲームのルールに文句を言う人はいない。
経営だと、文句を言う人がいる。政治が悪い、業界の慣習が悪い、従業員のやる気がない・・・
文句を言っても何も変わらない。

繰り返すが、配られたカードでうまくやるしかない。

それが嫌なら、自分がディーラーになるか、新しいルールのゲームを創造するかだ。
#イカサマをするという方法もあるが、これはお勧めしない。

関連記事

  1. ビジネス、歯車、モデル

    システム思考(1)〜ものごとのつながりに注目する

  2. 思考法その4〜努力は必ず報われる?【欠落したケース】

  3. 「ベストを尽くす」のではなく、「競争相手よりうまくやる」を目標に

  4. 喜劇と思えるように

  5. 具体化と抽象化の繰り返し

  6. してみて、良きにつくべし

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)