視点を変える(5)〜考え方の「傾向」を変える

物事の考え方には人それぞれの個性が出る。

普段は楽天的なものの考え方をしている人は、意識して悲観的に考えることで新たな視点を得ることができる。
楽観的な思考と悲観的な思考のどちらがいいというわけではない。双方の視点を行き来しながら、最適なポイントを見つけなければならない。
同じように、主観的な人は敢えて客観的に考えてみる(例:他の人も同じ考えか?証拠はあるのか?)、感情的な思考の人は敢えて分析的に考えてみる(例:自分の気持ちは脇に置いて、なぜ彼はあんな行動をしたのか、どんな意味があるのか?)ことで、視点が増える。

多面的に検討した意見は、他者からの批判にも耐えられる強固なものとなるだろう。

視点を変える(1)〜過去、現在、未来

視点を変える(2)〜人称を動かす

視点を変える(3)〜立場を動かす

視点を変える(4)〜関係性を変える

関連記事

  1. 氷山の下

    目に見えるもの、見えないもの

  2. パズルを組み合わせる

    仮説に当てはまらないケースを考える

  3. 認知心理学の視点から見た「頭のいい人」とは

  4. 壊れていないのなら直すな

  5. 反論の「質」を7段階で評価する

  6. 疑問を解決する、壊す

    なぜうまくいっていないか