何と何を足せば10になりますか?

ある本で読んだ(タイトルは忘れてしまった)。

5+5は幾つですか?と言う質問への答えは一つだ。言うまでもなく、10。

でも何と何を足すと10になりますか?と言う質問なら、答えはたくさんある。
5+5かもしれない、20-10かも、3*3+1かも。もっと複雑な式もあり得る。

前者のような質問をするのではなく、できれば後者のような、
相手に考えさせ、自分も新しい発見がある、そんな質問の仕方を心がけたい。

関連記事

  1. Fake it, until you make it.

  2. 短期決戦だったはずでは

  3. ゴールが近ければ(目標勾配)

  4. 配られたカードでうまくやるしかない

  5. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  6. プラスアルファ

最近の記事

  1. 2022.06.14

    山笠

読書記録(ブクログ)