YESでもNOでも、その理由を説明する

当たり前だが、何かを肯定するのも否定するのも、そこには「理由」がなければならない。

「私はそう思います」「そんなこと常識だ」「ダメなものはダメだ」「みんなそう言っている」「私の経験からそう言える」
では、何の説明にもなっていない。これでは誰も説得できない。

「あなたの思いは本件とどう関係するのか」
「常識とは誰が決めているのか」
「ダメなものはダメ、とは同意反復(トートロジー)であり意味がない」
「そう言っている『みんな』とは誰で、何人くらいなのか?」
「あなたの経験は今回の場面でも適用できるのか」

反論はいくらでも出てくる。

人を説得するには、理由が必要だ。
もっとも、その理由の内容は、極論すれば何でもいいらしいが・・・

人は理由があれば納得する、その内容はあまり関係がない

深く考えるのはしんどい行為だ。
上記の言葉、たとえば「ダメなものはダメ!」で議論を終了できるのであれば、それは楽なことには違いない。
しかしそれでは、人を本当に納得させて動かすことはできない。

常に「理由」を考えるクセをつけよう。
仕事にも人生にも役に立つから。

関連記事

  1. 認知心理学の視点から見た「頭のいい人」とは

  2. 上階ほど値段が高くなるのは

  3. レール、分かれ道

    干渉効果を避ける。ルールを破るなら理由が必要

  4. ビジネス心理学2_松竹梅を準備(おとり効果)

  5. 仕事がつまらないとき(有能感、自律性、関係性)

  6. 期待値のコントロール

最近の記事

  1. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  2. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)