どこでも仕事ができるなら

どこでも仕事ができる時代になった。

ノートパソコンの性能アップと、5Gなど通信技術の発達、コロナ禍が後押しした業務のデジタル化と、周囲の理解。
事務所でも自宅でもカフェでも公園でも、どこでもほぼ同じように仕事ができる。

私がIT企業に就職したころ、まだ20世紀の話なのだが、すでにモバイル環境は整っていた。
ノートパソコンと通信カード(64Kbpsという今考えたら恐ろしく低速な回線だったが)を持っていて、
ドトール(当時スタバはまだなかった)で仕事をしていたのを覚えている。
ちなみにノートパソコンの電池は1時間程度しか持たなかったので、できることはごくわずかだった。
コンセントを貸してくれる場所なんてなかった。

当時に比べれば今は天国だ。高速回線、10時間は持つノートPCの電池、電源はカフェのカウンター席についている。
「あれが足りない(から仕事ができない)」とはもう言えない。たいていのものは安価に手に入ってしまう。

今の時代に必要なのは、どんな環境でも仕事に取りかかり、集中できる技術なのだろう。
21世紀になって、自分がモバイルで仕事できるようになってもう20年以上が経つけれど、未だにその技術を身につけている自信がない。

関連記事

  1. お金を稼ぐ

    コンサルタントは「同伴者」ではない。

  2. シンプルなままにしよう

    複雑さを避ける

  3. 業務フロー

    時間軸(タイムライン)を意識する。今日の解決策は明日の問題を生むかもし…

  4. ふくおか経済2015年2月号に当社記事が掲載

  5. 事業継続計画を作りませんか?

  6. 近い未来の自分

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)