二択に気をつけろ。第三の案はないのか?

二択を迫られたときは、立ち止まって考えよう。

「行くか戻るかだ」「改革か衰退か」「やるかやらないか」
二択は明快かつシンプル、強力だ。
こうやって迫られたら、ついどちらかの選択肢を選んでしまうだろう。

しかし、選択肢は本当に二つしかないのだろうか?

行くか戻るか?「その場で状況の変化を待つ」という選択肢はないのか?
また、行くにしても、他の方向はないのか?

改革か衰退か、本当か?改革は痛みを伴う。もう少しマイルドな改善レベルで状況は改善するのでは?

やるかやらないか?やる内容を問うべきでは?

明快な「二択」を提示して選択を迫る人には注意した方がいい。彼は自分の利益のために、敢えて「三つ目、四つ目の選択肢」を考えさせないようにしている可能性がある。

関連記事

  1. 橋のデザインではなく、河の渡り方を考えろ

  2. 思考法その6〜いじめられる側にも責任が?【公正世界仮説】

  3. グラフ

    情報の分類方法(5つの帽子掛け)

  4. それが日常になれば、そのおかしさに無自覚になる

  5. 間違ったウィン=ウィン(2)

  6. 成功・失敗の原因は?〜ワイナーのモデルで考える

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)