目標を立てるのなら計画もセットで

A goal without a plan is just a wish.
計画なき目標は、単なる願い事だ。
– サン=テグジュペリ

2016年もあっという間だった。
あと数日後には2017年。目標を立てる方も多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。

12/31から1/1に向けて、何が変わるかと言えば何もなく、単なる日付の変更にすぎない。
人間がそこに意味を見いだしているだけだ。とはいえ、人生のよい区切りには違いない。
「心機一転」するにはいい機会だと思う。

目標を立てるのであれば、計画も立てた方が良い。
冒頭の引用にあるように、目標を掲げるだけならそれは願い事と変わらない。
重要なのは計画だ。ただ、計画を作るのは具体的な作業であり、目標を立てるときほどワクワクはしないというのが問題なのだが・・・・

計画、といっても大仰なものは必要ない。「いつまでに」「何を」「どうやって」やるかを決めて、
実際にやれたかどうかの評価基準を設定するだけだ。
「明日から自分は何をやればいいか」がわかるレベルまで細かくかみ砕こう。

「今年はやせる」ではなく「今年は何キロやせる」、さらに言えば「*月から*を始め、*を制限し、四半期毎に*キロ、最終的には一年で何キロやせる」といった具体的な計画を立てれば、それだけ成功の可能性も高まる。

来年は、目標だけでなく計画も立ててみよう。

関連記事

  1. 「県民性」と言われても

  2. 何かを面白く思うとき、その人はすでに勝利した側にいる

  3. ビジネス心理学6_将来は過去ほど変化しない(歴史の終わり錯覚)

  4. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(2)

  5. リズムにのって仕事する(ポモドーロテクニック)

  6. 数字、数学、パズル

    いつか必ず当たる?

最近の記事

  1. 多忙なビジネスマン
  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

カテゴリー

読書記録(ブクログ)