平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

前回の続き。

平均のトリック(1)〜算術平均

中央値(メジアン)

中央値(メジアン)は、データの総数のちょうど中心に位置するデータが取る数値のことである。
データが51個ある場合は、26個目のデータの値が中央値である。
データが偶数、たとえば50個の場合は、25個目と26個目の値の平均が中央値となる。

エクセルではMEDIAN関数で計算できる。
下記のグラフだと、中央値は500万円となる。

図1

算術平均の値である1,200万円と比較して、外れ値の影響を受けにくいためにより実感に近い数値が出る。

関連記事

  1. 正しさはいくつもある

  2. 「心の財布」では、お金に色が付く

  3. 記憶はあいまい①〜目撃証言の曖昧さ

  4. 思考法その5〜叱れば成績が伸びる?【平均への回帰】

  5. 思考法その2〜ウチの会社は特殊(内部集団の過剰評価)

  6. 間違った道、方向

    「彼はずっと人格者だった、そして、これからも?」一貫性バイアス

最近の記事 おすすめ記事
  1. 本棚
  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

読書記録(ブクログ)