平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

前回の続き。

平均のトリック(1)〜算術平均

中央値(メジアン)

中央値(メジアン)は、データの総数のちょうど中心に位置するデータが取る数値のことである。
データが51個ある場合は、26個目のデータの値が中央値である。
データが偶数、たとえば50個の場合は、25個目と26個目の値の平均が中央値となる。

エクセルではMEDIAN関数で計算できる。
下記のグラフだと、中央値は500万円となる。

図1

算術平均の値である1,200万円と比較して、外れ値の影響を受けにくいためにより実感に近い数値が出る。

関連記事

  1. サイコロ、ダイス

    それは珍しいケースなのか、それとも

  2. 詭弁その1〜多数論証、同情論証

  3. 可能と不可能、それを識別する知恵

  4. 上階ほど値段が高くなるのは

  5. 感情は伝染する。幸福な組織の在り方

  6. 「こだわり」はビジネスにおいてネガティブでしかない

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)