平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

前回の続き。

平均のトリック(1)〜算術平均

中央値(メジアン)

中央値(メジアン)は、データの総数のちょうど中心に位置するデータが取る数値のことである。
データが51個ある場合は、26個目のデータの値が中央値である。
データが偶数、たとえば50個の場合は、25個目と26個目の値の平均が中央値となる。

エクセルではMEDIAN関数で計算できる。
下記のグラフだと、中央値は500万円となる。

図1

算術平均の値である1,200万円と比較して、外れ値の影響を受けにくいためにより実感に近い数値が出る。

関連記事

  1. 間違った道、方向

    「彼はずっと人格者だった、そして、これからも?」一貫性バイアス

  2. 成功体験は、回答数一名のアンケート調査

  3. アイデアがまとまる

    極論に逃げない

  4. 間違いを認め、なぜ間違えたのかを突き詰める

  5. 遠くを見る

    それは存在しないのか、それとも見えないだけなのか

  6. 「リスクゼロ」なら、それは効果がないということ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 手帳とコーヒー
  2. 一人だけ抜け出すイメージ

読書記録(ブクログ)