平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

前回の続き。

平均のトリック(1)〜算術平均

中央値(メジアン)

中央値(メジアン)は、データの総数のちょうど中心に位置するデータが取る数値のことである。
データが51個ある場合は、26個目のデータの値が中央値である。
データが偶数、たとえば50個の場合は、25個目と26個目の値の平均が中央値となる。

エクセルではMEDIAN関数で計算できる。
下記のグラフだと、中央値は500万円となる。

図1

算術平均の値である1,200万円と比較して、外れ値の影響を受けにくいためにより実感に近い数値が出る。

関連記事

  1. 王様

    カリスマを高める方法

  2. 投資対効果を検討し、いったん忘れる

  3. ビジネス心理学6_将来は過去ほど変化しない(歴史の終わり錯覚)

  4. 正義、校正、法律

    自然主義の誤謬、道徳主義の誤謬

  5. 正義、校正、法律

    道徳ではなく知性を用いる

  6. 散歩

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)