平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

前回の続き。

平均のトリック(1)〜算術平均

中央値(メジアン)

中央値(メジアン)は、データの総数のちょうど中心に位置するデータが取る数値のことである。
データが51個ある場合は、26個目のデータの値が中央値である。
データが偶数、たとえば50個の場合は、25個目と26個目の値の平均が中央値となる。

エクセルではMEDIAN関数で計算できる。
下記のグラフだと、中央値は500万円となる。

図1

算術平均の値である1,200万円と比較して、外れ値の影響を受けにくいためにより実感に近い数値が出る。

関連記事

  1. 頭の中のものを外に出す

    知っていると思い込むのが怖い

  2. 問題への対処法(1)頻度と重要性の確認

  3. 創造力とは才能ではない

  4. 物事の「つながり」を意識する〜システム思考〜(県診断協会HP寄稿)

  5. 未来への扉、どこでもドア

    学習の4段階(意識×能力のマトリクス)

  6. 投資対効果を検討し、いったん忘れる

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)