誰も望んでいないのに(アビリーンのパラドックス)

みんなで決めたことなのに、後から聞いたら、「実は、誰もそれを望んでいなかった」ということがままある。
これは誰かが軽い気持ちで言ったアイデアを、他のメンバーが「自分の意見が人と違っていたら恥ずかしい」という考えから、「皆そう思っている」と思い込み、なんとなく賛成した結果だ。

意見AやB、Cではなく、Dが採用される。しかしDを提案した本人も、別にそれがしたかったわけじゃない。
誰も幸せになっていない。

ピンとこない人は、グループでランチに何を食べるか話した時のことを思い出してもらえると良い。

もちろんこれは麗しき奥ゆかしき、我が国だけの現象ではない。その証拠に英語圏では「アビリーンのパラドックス」と名前までついている。

アビリーンのパラドックス – Wikipedia

「3人寄れば文殊の知恵」という諺があるが、ただ集まればいいというものではない。
忌憚なく意見を言い合えるメンバーでないと、集まった結果、誰も望まない不幸な決定をしてしまう可能性すらあることは、覚えておきたい。

関連記事

  1. ・・・定評がある、という言葉を使いたくない理由

  2. 期待値のコントロール

  3. 何と何を足せば10になりますか?

  4. 豆を一つ選ぶ

    酩酊の原因は?

  5. 視点を変える(3)〜立場を動かす

  6. アイデアは組み合わせ(USB電池)

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)