言いたいけれど、言わない方がよいこと

デジタルで伝える

人に何かを説明するときに気にしているのは「敢えて言わない」ということ。
全てを説明しようとすると焦点がぼやけてしまう。

相手が知りたいことは何かを見極めて、その回答だけを話す。
相手の理解度に合わせて、どこまで詳細に話すかを決める。
相手のステージに合わせて、その段階で理解しておくべきことだけを話す。

せっかく学んだ知識だ、ドヤ顔で話して感心されたいと言う思いは常にある。
無駄に読書をしているせいか、どんなネタだって、長く話そうと思えばいくらでも話せる。
私が何かを喋っている時は、常に「しゃべりすぎる」自分と戦っているのだ。

より少ない言葉で説明し、理解してもらえるのであれば、それはきっとよいことだろうと思っている。

関連記事

  1. 楽観主義を抑える方法(死亡前死因分析)

  2. 時間軸と空間軸でアイデアを出す

  3. あの人はなぜあんな行動を取るのか?立方体モデルで考える

  4. 氷山の下

    目に見えるもの、見えないもの

  5. ビジネス心理学6_将来は過去ほど変化しない(歴史の終わり錯覚)

  6. 繋がっているけれど、混ざってはいない

最近の記事

  1. 2019.08.15

    10年前の今日
  2. パズルを組み合わせる

読書記録(ブクログ)