言いたいけれど、言わない方がよいこと

デジタルで伝える

人に何かを説明するときに気にしているのは「敢えて言わない」ということ。
全てを説明しようとすると焦点がぼやけてしまう。

相手が知りたいことは何かを見極めて、その回答だけを話す。
相手の理解度に合わせて、どこまで詳細に話すかを決める。
相手のステージに合わせて、その段階で理解しておくべきことだけを話す。

せっかく学んだ知識だ、ドヤ顔で話して感心されたいと言う思いは常にある。
無駄に読書をしているせいか、どんなネタだって、長く話そうと思えばいくらでも話せる。
私が何かを喋っている時は、常に「しゃべりすぎる」自分と戦っているのだ。

より少ない言葉で説明し、理解してもらえるのであれば、それはきっとよいことだろうと思っている。

関連記事

  1. 頭の中のものを外に出す

    自分の影響は、つい過大評価してしまう

  2. 問題への対処法(1)頻度と重要性の確認

  3. 「県民性」と言われても

  4. アイデアは組み合わせ(USB電池)

  5. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    システム思考(3)〜ループ図(その2)

  6. 情報のリレーで「思いつき」が「真実」に変わっていく

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)