6月が終わる

2022年も半分が過ぎようとしている。

3月に事務所を引っ越したせいもあり、慌ただしい半年だった。
この期間に社員も2名増えたし、自分の仕事のやり方もちょっと変えた。
旅行に対する社会的圧力もほぼ消え、久々に「ひとり合宿」をやることができた。
仕事は相変わらず忙しい・・・それだけはいつまでも変わらない。

コロナ禍?が始まった当初、私はこの騒動が集結するまでの時間を3ヶ月、半年、1年の3パターンで想定していた。
国民や政府がパニックになり、対処法を色々間違えてしまえば、まあ1年くらい続くだろうなと。
しかし、素人の予言というのはあてにならないもので、あれから2年以上経つのにまだ「禍」は続いている。

社会全体を「病院」にしてしまうのは、正しいことなのだろうか?
そのために個人や企業の自由な活動が制約されるのは、正しいことなのだろうか?

自由主義者で個人主義者だと自認する私は、この2年以上、ずっとモヤモヤした思いを抱えたまま日々を過ごしている。

この2年で社会が失ったであろう有形無形のものを想像すると、呆然とする。
それらは本当は失われるはずのものではなかった。
取り返しのつかないことが多すぎて、本当に嫌になる。

関連記事

  1. 古い門扉、鍵、閉鎖、閉店

    当社12月休日のお知らせ

  2. 中小企業診断士を雇用する準備

  3. 旅行、出張

    さようなら、BLDG64

  4. 2020年10月16日は当社休日です

  5. 2月休みのお知らせ(12日、22日)

  6. 猛暑、マスク、熱中症

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)