参拝。神に願うのではなく、自身を振り返る時間

一日に一回、神社に参拝するようにしている。

神社の場所は問わない。一日中事務所で働くのであれば通勤途中の神社で、客先訪問の日であればクライアント企業の近くの神社に参拝することもある。

参拝を欠かすと、どうも具合が悪い。
忙しくて余裕が無くなっている時につい参拝をパスしてしまうこともある。
本当は、忙しいときほど立ち止まって考える時間が必要なのに。

無神論者なので神様の存在は信じていない。
参拝するのは神に願い事を叶えてもらいたいからではなく、自分が「仕事や人生に向き合えているか」を清浄な場所で確認するための行為だと考えている。

自分で自分を律するのは本当に難しい。
神に願いを叶えてもらえるのであれば簡単でいいのだが、そうもいかないようだ。

関連記事

  1. 過去を踏まえ、遙かな未来を見据え、目先に集中する

  2. 意思の力は、実行能力が不足しているときにだけ必要となる

  3. 見えないけれど、確かにある

  4. はしごを降りるとき

  5. 曲がりくねった道

    しつこく考え、問い続けること。

  6. 願望は誰でも言える

最近の記事 おすすめ記事
  1. ディスコミュニケーション
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ
  3. 出張、旅行
  4. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)