霧の中

旅行先で、朝早くに近所を散歩していた。その日は濃霧で、あたり一面は霧に包まれていた。
全ての輪郭が曖昧で、なんとなく世界が柔らかく感じる。

全部をはっきりクリアにしないといけないわけではないのだろう。
企業経営をしていると、中小企業診断士なんて職業だと、また性格上、どうしても全ての疑問に明確な回答を見つけようとしてしまう。
だけど、曖昧なままで、ぼやけたままで、回答を保留したままの方がいいことだってたくさんある。無理やり答えを出そうとすれば、無くなってしまうような何かが。

関連記事

  1. かつて居た場所

  2. 他人の過ちから

  3. 本棚

    夜の過ごし方

  4. 一人きりの時間

  5. タートルネック

  6. 「偶然」と「時間」という暴君

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)