いつまでたっても先生に見えない

エピソードをいくつか。

  • 講師なのに入口で呼び止められ、受講者名簿への記名を求められる(すいません、講師なんですけど・・・と言うと恐縮される。申し訳ない)
  • ビルのエレベータでたまたま乗り合わせた人に「いやー熱いですね、今日の試験がんばりましょう!」と言われる(私は受験しない、別件でそのビルに来ただけ)
  • 診断士の実習講師なのに受講生と間違えられる
  • コンサルタントとして宴会場の調査をしていたらバイトと間違われバイトリーダーから叱責される

経営コンサルタント業ももう10年近くやっていますが、いまだに威厳が身についていないようです。
自分自身も「先生」と呼ばれることに未だに慣れず、背後から「先生」と呼ばれても気づかないこともしばしば。
ちなみに、おととしから法人化しているので社長でもあるのですが、「社長」と呼ばれてもほぼ100%振り返りません。

もう吹っ切れた

独立して数年は、「威厳が足りないのではないか、髭でも伸ばそうか」と考えていたのですが(苦笑)、
もう諦めました。

仕事の内容できちんと成果を出せば、間違えられても構わないと今は思ってます。

関連記事

  1. 自分が何者かなんてぜんぜん知らない

  2. 一人きりの時間

  3. 毎日ブログ更新、100日達成。

  4. 与えられた役を立派に演じる

  5. 批判は誰でもできるし、コストも安い

  6. 都会暮らしと田舎暮らし

最近の記事

  1. 2020.06.02

    花を飾れば
  2. 2020.05.30

    トリアージ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)