競争はいたるところに

どんな業界にも、必ず競争相手がいる。
独占市場なんてほぼないし、仮にあってもそこが美味しい市場であれば、規制がない限りすぐに誰かが参入してくる。

なので競争を避けることはできない。
勝つこともあれば、負けることもある。他社から顧客を奪うこともあれば、逆に奪われてしまうことも。

強弱はあれど、例外はない。公務員だって他の自治体と競争しているし、
大学だって、病院だってそうだ。慈善団体だって、寄付集めで競争している。アイスバケツチャレンジってありましたね。

「競争は苦手だ」というのでれば、競争が好きな人とチームを組んで直接的な競争を回避するしかない。
その場合、チームメンバーに生殺与奪の権を握られてしまうというリスクはあるが。

個人的には競争は苦手だ。誰かに勝ったとしても別に嬉しくはない、むしろ申し訳ない気持ちになる。
でも、経営者なのでそうも言っていられない。勝ちを狙いにいかないといけない、少なくとも、大負けしないようにしなければ。

競争から逃げられないのなら、競争を楽しむしかない。

関連記事

  1. 誰とでも丁寧語で話す理由

  2. 義理と人情のケースバイケース

  3. 都会暮らしと田舎暮らし

  4. 換気、どうしてますか?

  5. 職業の道楽化

  6. 人には愚かなことをする権利がある

最近の記事

  1. アイデアがまとまる
  2. 2021.07.15

    feel,felt,found

カテゴリー

読書記録(ブクログ)