システム屋がたまたま

私は自分が社長やリーダーに向いていると思ったことは人生で1回もない。
高校の時に生徒会役員をやったことはあるが、先輩に要請され仕方なく、だった。
診断士協会の常任理事もやったが、あれもやはり、先輩に要請され仕方なく、だった。

本来はシステムエンジニアで一生を終えるべきだった、人間よりも機械の方が好きな奴が、
何かの間違いで社長になってしまった。

ああ、何という不幸だ!人間嫌いが人間のご機嫌を伺い、人間を使役せざるを得ないとは!!

何せ向いていないので、通常の社長とは異なる動きを多々してしまう。
プログラムのように、システムのように、機械のように世界を眺めているのだから、
人間を見ていないのだから、どうしてもそうなる。

それがたまたま良い方向に向かうこともあるかもしれない。
いや、悪い方向へ向かうことの方が多いような気がする。
それでも社員が退職してしまわないのは、みんな我慢強いのか、それとも私のおかしな言動や行動を見せられすぎて、半ば諦めているのか。

もっと立派な社長らしく振る舞いたいといつも思っているし、
たくさんの関連する本を読んだが、一生できそうな気がしない。
私が死んだら、墓碑には「社長になろうとして最後までなれなかった男」とでも書いてもらおうか。

関連記事

  1. 似合わないけれど

  2. 自分の手近の義務を

  3. 自分が何者かなんてぜんぜん知らない

  4. 都会暮らしと田舎暮らし

  5. 自分だけでできることなんて

  6. 正当化のためなら

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)