余裕がなくなるとき

仕事が忙しくなると、どうしても心の余裕がなくなってしまう。

積み重なるタスク、作らねばならない資料、無限に続くかに思えるミーティングの調整、
なりつづく携帯電話・・・・・自分が細切れにされているような感覚に陥る。

だからといって、従業員にあたりちらしたり、取引先をねちねちといじめるような、
そんなことをする社長にはなりたくない。自分の問題なのだから、自分で片付けなければいけない。

しかし、余裕のない日々が続けば、そうなってしまうかもしれない、それを恐れている。

先日タクシーに乗った時、運転手のささいなひと言にカチンと来ている自分に
気付き、自分が余裕を失いつつあることを自覚できた。
そのひと言は、普段なら笑って受け流せる類いのものだった。

「士業なのだから、困っている人や企業がいたら助けなければいけない」と、
いままでは仕事を断らない方針でやってきたが、一度整理して、
当社がやる必然性の少ない仕事であれば、きちんと断るようにする。

そんな意識の転換が必要になるのかもしれない。

関連記事

  1. 「認められたい」承認欲求のメリットとデメリット(1)

  2. 自由に耐えられる人間はそれほど多くない

  3. 似合わないけれど

  4. 踊れ。音楽の続く限り

  5. 早起きだけど、すべてがうまく回っているわけではない

  6. 投稿を1日も欠かさず続ける意味

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)