刃の研ぎ忘れ

自己啓発書のベストセラー「7つの習慣」。
最後の習慣は「刃を研ぐ」である。

これは継続的なアップデートやメンテナンスをしないと、
いくら他の習慣を実践してもいずれダメになってしまうよ・・という意味だと解釈している。

外部環境が変われば、知識やノウハウもアップデートする必要がある。
人間関係もそうだ。相手が変われば、自分も変わらなければならない。
(その人との関係が重要でないのであればその限りではないが)

今、うまくいっているからといって、刃を研ぐことを怠っていれば、
気づいた時にはもう後の祭り。よかった昔のことを話すだけの老人になるのはちょっとごめん被りたい。

最近は仕事に追われて「刃を研ぐ」時間を十分に持ててないように思う。
自分でも知らないうちに、切れ味が鈍っているのかもしれない。
それとも自覚はあるのに、気づかないふりをしているのか。
いやもしかしたら、これまであまりに刃を研ぎすぎたせいで、
もはや刀身が薄くなってしまっていて研ぐことすらできないのかもしれない。

もしそうならば潔く引退したいと思う。
いろいろ積み重ねすぎたので、引退にもそれなりの準備が必要になるのが辛いけれど。

関連記事

  1. ユリイカ

  2. 幸福か否か

  3. できることをやろう

  4. トラブルを楽しく

  5. 人生の二つの終わり

  6. 承認欲求との向き合い方