他人次第のもの

もし、あなたが自由でいたいなら、他人次第のものを望んだり避けようとしたりしないことだ。
エピクテトス「要録」14

他人次第のものに左右されてしまうと、人生を自分でコントロールできなくなる。
受注が取れるかどうかは、自分の努力の要素もあるが、最終的には先方の判断で、他人次第だ。
配偶者の機嫌がいいかどうかだって、究極には他人(配偶者だって家族ではあるが他人には違いない)次第だ。

自分でコントロールできないものに依存してはいけない。
とは言っても、人間が社会で生きる以上は完全に依存しない生活など不可能。
依存を極力減らすために何ができるかをいつも考えている。
それは自分で会社を経営することだったり、きちんとお金を稼ぐことだったり、
特定の顧客や社員、制度に依存しない体制を作ることだったり。

他人次第のものを望まない。手に入れられればラッキーくらいに考える。
避けることもない。不運ではあったが、ここから何ができるだろうと考える。

関連記事

  1. 「昔は良かった」本当に?

  2. 知らないということを知っているか

  3. 見えないけれど、確かにある

  4. 仕事か遊びかは周りが決めてくれる

  5. 誰にも奪えないもの

  6. どこか遠くへでかけなさい

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)