「偶然」と「時間」という暴君

この地上における二人の暴君、それは偶然と時間だ。
– ヨハン・ゴッドフリート・ヘルダー

最近、「偶然」についてよく考える。
世のなかに必然はない。歴史的な事件だって、偶然から引き起こされている。
(第一次世界大戦の発端は何だった?)

コロナ禍も、いくつもの偶然が悪い具合に作用して引き起こされたものだろう。
そして「時間」が経てば、取り返しが付かなくなることも出てくる。

個人の力ではどうしようもないこともある。
人は後付けで自分の成功を「才能」や「努力」のせいにしたがる。
でも、同じ程度の才能を持ち、努力をした人間でも、成功していない人がたくさん居ることには気づかない。

努力や才能が無駄とは言わない。ただ、そこに「偶然」や「時間(タイミングと言い換えてもよい)」が味方した人が、「たまたま」成功するのであって、きっとその成功は必然ではなかった。
偶然に成功したのなら、偶然に転落することもあり得る。それが怖いから人は「才能」や「努力」という安定した内的要素に理由を求めるのだろう。

冒頭の引用にあるように、偶然と時間は暴君であり、逆らえない。
ただ、うまく波に乗るだけだ。もちろん、あまりにも荒れた海であれば、岸辺で休むべきだが。

関連記事

  1. 「昔は良かった」本当に?

  2. 「家族」「仲間」という言葉を使わない理由

  3. 自分の手近の義務を

  4. 自分一人のせいではない、すべてではない、ずっとではない

  5. 多忙なビジネスマン

    それを仕事と呼ぶのは単なる慣例に過ぎない

  6. 「別のコースを歩んだ自分」のカリカチュア

最近の記事

  1. 2021.01.08

    管理すべきは
  2. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)