自分だけでできることなんて

北海道に行ってきた。
6年前、当社の運命を大きく変えてくれた恩人に会うためだ。
彼がいなかったら当社は今の姿ではなかった。
彼(当時は勤め人だった)からもらった大きな仕事が、当社が飛躍するきっかけとなった。

彼は数年前に独立していて、すでに数名のスタッフを抱えている。
私が6年くらいかかったことを1年で達成して、私なんかより全然やり手だ。
今回はお互いに経営者として、スタッフのマネジメントや今後の事業計画、仕事の価値観について大いに語り合えた。
とても刺激になった。相手も私の発言から何かの刺激を受けていてくれたら、嬉しい。

私と私の会社の「手」は短く、できることはごくわずかだ。
取引先、パートナー、スタッフ、家族、友人、いろいろな人に支えられて、綱わたりをしながら、やっとのことで今がある。

私は時おり増長してしまうことがある。
自分だけが頑張っている、全て自分の力だと自惚れてしまうことがある。
そんな時はスタッフが、家族が、知人の社長が私を戒めてくれる。

その後、数日間苫小牧に滞在した。
北海道はいいところだ。夏にバイクで行ったら、きっと気持ちがいいだろうな。

関連記事

  1. 経営者に必要な4つの勇気

  2. 換気、どうしてますか?

  3. お天道様は、よそ見をしている

  4. 参拝を目安に

  5. 天命を待てるほどに、人事を尽くす

  6. 世界が歪んで見えるとき

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)