自分が何者かなんてぜんぜん知らない

自分はいったい何者か?
この問いに囚われてしまうと、何もできなくなってしまう。

デヴィット・ボウイは、あるときこう言った。
「自分の正体を知ろうとなんてしなかったよ。
  そんな自問をやめればやめるほど楽になった。
 自分が何者かなんて全然知らないし、
 それですごくハッピーなんだ」
ー自意識と創り出す思考 ロバート・フリッツ著より

あのスーパースター、デヴィット・ボウイですら、そうなのだと。

中小企業診断士になって、経営者になって、多くの企業から仕事をもらい報酬をいただいて、
何者かになれたような気がする。
しかし、「自分がいったい何者か」という問いには、いまだに答えることはできない。
そしてきっと答える必要もない。

「本当の自分」というものはどこにもなく、
他者との関係性毎に異なる自分があるだけだという「分人主義」の考え方に出会ってから、
この答えのない問いに頭を悩ませることもなくなった。

「自分は何者か」と悩むよりも、「自分は何をできるか」に集中した方が、
幸せな人生を送れると思う。

関連記事

  1. いつかはそこへ行ける

  2. ゲームのルールを知る

  3. 知らないということを知っているか

  4. 人生はずっとベータ版

  5. 主体性を持って(ろばを売りに行く親子の話)

  6. 足の裏についた米粒でお腹いっぱい〜診断士になって9年目、独立7年目の年…

最近の記事 おすすめ記事
  1. 本棚
  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

読書記録(ブクログ)