タイピングの速度を少し上げるだけ

SFの大御所、アイザック・アシモフはこう言った。

もし医者から「あと6分しか生きられない」と告げられても、私はくよくよ悩んだりしない。タイピングの速度を少し上げるだろう

人間は自分がいつか死んでしまうことを忘れている。いや、あえて考えないようにしている。
考えてしまったら、どうする? 克服できない「死」を、擬似的に克服しようとする。
それは例えば子孫を残すことであったり、社会に足跡を残すことであったり。
神と死後の世界を信じることで克服するという手法もお馴染みだ。
(興味のある方は「存在脅威管理理論」を調べてみるといい)

ただ、私はどの方法も選べなさそうだ。子孫はいないし、
しがない中小企業の社長で、社会の残るほどの足跡はつけられそうにないし、
宗教を信じるにはいささかひねくれ過ぎてしまった。
死を克服はできないけれど、アシモフのように、死の直前まで淡々と仕事を続けられればいいなと思う。

関連記事

  1. 考えてから、生きる

  2. 投稿を1日も欠かさず続ける意味

  3. 競争はいたるところに

  4. いい話は来ない

  5. 学ぼうという姿勢

  6. 「かくありたい」と思われる

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)