ITベンダーによる現場ニーズ把握会(第二回)

「ITベンダーによる現場ニーズ把握会」の第二回が開催され、
第一回に引き続き当社も同行しました。

今回の訪問先は海苔の乾燥設備を製造している竹下産業(株)様です。

会社概要説明と工場見学の後、
企業より現在抱える課題の提示、
その後ITベンダーとの意見交換を行います。

私の仕事は意見交換会の司会進行で、
企業側から提示された課題を整理し、
ITベンダーの意見にコメントをするなどして議論の活性化を促す役割です。

議論は生き物ですので、瞬間の判断と意見を要約する力が求められます。
この手の仕事はよくやるのですが、終わったらどっと疲れます。
まあ、心地よい疲れではあるのですが。

前回に引き続き、製造業の最新技術やノウハウと、
ITベンダーのアイデアがぶつかるよい議論ができました。

関係各位の皆様、ありがとうございました。

なお、福岡県IoT推進ラボでは、受け入れ先の企業を募集しています。
自社の生産設備をIoTにより強化したいが、何から始めればいいのやら・・と、お悩みの社長は、ぜひ事務局までお問い合わせください。

<問い合わせ先>
(公財)福岡県産業・科学技術振興財団 
ロボット・システム開発グループ(担当:古賀、山本)
TEL:092-832-7155、FAX:092-832-7158
E-mail:lsi-inove@ist.or.jp

関連記事

  1. 金の卵を産むガチョウの話(スピードの調整)

  2. テレワークは補助的手段でしかない

  3. 2014年もよろしくお願い致します。

  4. 顧客は何を「求めていない」のか。彫刻を削り出す。

  5. 経営理念、ミッション、ビジョン

  6. 期待に応えられるように

最近の記事

  1. 撮影、カメラ、草原
  2. 2019.09.19

    あの花の名前
  3. ピザ
  4. ディスコミュニケーション

カテゴリー

読書記録(ブクログ)