全ては一時的なもの

絶対はない。

我が世の春を謳歌した企業なり個人が没落する物語なんて、源平の時代からありふれている。
ブッダは「諸行無常」「諸法無我」と言った。それを理解すれば「涅槃寂静」の境地が得られると。

人の強い感情、怒りや愛情だって、永遠に続くものではない。

自分の持ち物だって、いつ壊れるか、無くなるか、わかったものではない。

自分が信じている人間にだって裏切られることもある、急に関係が途切れることだって、もちろんある。

だから、全ては一時的なものだと考えるようにしている。
誰かが私のコップを壊しても気にしない。陶器はいつか壊れる。壊れるのが嫌ならプラスチックのコップを使えばよかったのだ。
自分が企業競争に負けても気にしない。100%勝ち続けることは不可能だし、不可能を求めれば精神が持たない。
誰かから嫌われても気にしない。好かれていたのが一転嫌われることも、逆もありうる。

と、頭では思っているものの、時に感情がバグを起こしてしまう。
何かに固執したり、惜しんだり、クヨクヨと過去のことを言ったり。
死ぬまでには「涅槃寂静」の境地に辿り着きたいなと願う。

関連記事

  1. 参拝を目安に

  2. 多忙なビジネスマン

    それを仕事と呼ぶのは単なる慣例に過ぎない

  3. アウトではなく、イン

  4. 孤独を楽しむ

  5. 出張続き/お金と健康と時間

  6. 別れ、さようなら、霊体、天国

    一日の3分の1は仕事をしているのだから

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)