弘法も筆を選ぶ

どうやら、弘法(空海)は筆を選ぶことを推奨していたようだ。

良工は先ず其の刀を利くし、
能書は必ず好筆を用う。

空海「遍照発揮性霊集」

「弘法は筆を選ばず」というのは、本人ではなく周囲の人がそう言っていたのだろうか。
周囲の人はきっと、「好筆」を使っているかどうかすら、わからなかったのかもしれない。

関連記事

  1. こだわりをなくせ

  2. あいまいなままで前に進む能力

  3. 誰かの正義は誰かの悪

  4. 疑問を解決する、壊す

    知識には代償が伴う

  5. 「思いやり」の押し付け

  6. 職業の道楽化

最近の記事

  1. 言葉に力がある

    2023.01.18

    言い方一つで
  2. 2023.01.16

    いい風に
  3. 2023.01.12

    シビアな世界

カテゴリー

読書記録(ブクログ)