できることをやろう

できないことを悩んでも仕方がない。

世界が平和にならないとか、核兵器が無くならないとか、差別が無くならないとか、他人が自分の思う通りに行動してくれないとか。

一人一人ができることなんて限られている、その、わずかな「できること」を着実にやっていけばいい、というか、それしかできない。
できないことはできない。当たり前だ。

私がいくら義憤に駆られようと、悲しみに涙溢れようと、世界は平和にならないし、医療崩壊は食い止められないし、陽性者数(感染者数と言う表現は誤解もいいところだ)も変動しない。
祈っても雨は止まないし、お賽銭をはずんでも健康にはならない。誰かの思想や思い込みも、いくら言葉を尽くしたって変更できない。

私はただ、自分の生活と仕事を、自分の「義務」をこなしていこうと思う。

関連記事

  1. 人には愚かなことをする権利がある

  2. 現実に伏線はない

  3. 天命を待てるほどに、人事を尽くす

  4. 他人の過ちから

  5. 批判は誰でもできるし、コストも安い

  6. 「家族」「仲間」という言葉を使わない理由

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)