足りなくても、ありすぎても

「人生が充実する」時間のつかい方 UCLAのMBA教授が教える“いつも時間に追われる自分”をやめるメソッド」 キャシー・ホームズ著に書かれていたのだが、
自分の自由になる時間(可処分時間)がなさすぎると、幸せの度合いと人生への満足度が著しく低いそうだ。まあこれはわかる。
では可処分時間はあればあるほどいいのか。毎日が日曜日であれば幸せなのか。
どうやらそうではないようだ。1日の可処分時間が5時間以上あっても、幸せの低下につながるという。

実感としてもまあそれはそうだろう。
暇すぎても辛い。
定年退職したら(私は経営者なので不可能だが)、
無理にでも予定を詰め込んで、可処分時間を意図的に減らした方が幸せになれるのかもしれない。

「人生が充実する」時間のつかい方 UCLAのMBA教授が教える“いつも時間に追われる自分”をやめるメソッド

関連記事

  1. 孤独を楽しむ

  2. 人は「何もしないでいる」ことを好まない

  3. 人生の「強度」

  4. 神様は爆笑している

  5. 大人としか名乗れなくなった

  6. 毎日ブログ更新、100日達成。

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)