「かくありたい」と思われる

知人社長がこう言っていた。

「自分は社員から尊敬され、社長のようになりたい!、と思われるような人間であるよう努力している」

私はそれを聞いて驚いた・・・正直、自分にその発想はなかったからだ。

知人の考えは素晴らしいと思う。社員の目を気にすることで自分を律しているのだろう。
彼は元々尊敬に足る人間なのに、さらなる高みを目指している、本当に立派だと思う。

振り返って、自分。
社員から「社長のようになりたい」なんて、1ミリも思われていないだろう、それは自信がある。
女性スタッフからは「社長がもし自分の旦那だったら絶対に我慢ならない」と言われたことなら、ある。

「かくありたい」と誰かに思われたいという気持ちはない。
社長になる前も、なってからも、これからもきっと。
人は自分の好きな生き方を、自分の責任で選択したうえで、しっかりと生きるべきだ。

もし、今後誰かに何かの間違いで「社長のようになりたい」と言われたら、
「そう言ってくれてありがとう。でもしんどいのでやめた方がいいよ」
と返答すると思う。

関連記事

  1. 職業の道楽化

  2. 自由と平等のユートピア

  3. 自分の手近の義務を

  4. いつかはそこへ行ける

  5. 感情は忘れない

  6. 未来に向けての努力で、過去の選択を正当化する

最近の記事

  1. 2022.06.14

    山笠

読書記録(ブクログ)