あいまいなままで前に進む能力

答えを与えると、人は安心する。

答えが正しいか正しくないか、納得できるものかそうでないかはそれほど重要ではない。

人は理由があれば納得する、その内容はあまり関係がない

人間はあいまいな状態におかれると不安になる。安直な答えを宗教やカリスマに求めるのは「早く安心したい」からだろう。

意思決定にあたり、完全な情報が手に入ることは無理であり、常に中途半端な情報をなかからそれでもベターな答えを探さなければいけない。

そして、これが辛い。
つい、誰かが答えを示してくれれば・・それに黙って従うのに・・という思いが湧く。
そうやって、セミナー講師や占い師の言う通りに行動してしまう。

個人的には、あいまいな状態に置かれても、それでも前に進めるのが「大人」だと思っている。

そして、その能力は経営者には必須のものだ。
それができなければ、経営者にはならない方がいいだろう。

関連記事

  1. 与えられた役を立派に演じる

  2. 触れる時間が長いものにはお金をかける

  3. 解決できないこと

  4. 「認められたい」承認欲求のメリットとデメリット(1)

  5. ピザ

    個人は分割できる〜分人主義とは

  6. 都会暮らしと田舎暮らし

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 正義、校正、法律
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)