• IT

結局はキーボード入力に落ち着く。

フリック入力が苦手です。

20年以上のコンピュータとの付き合いで、体がQWERTY入力に最適化されているようです。

何度が挑戦したものの、日本後と英文(プログラム含む)で頭の中を切り替えるのが面倒になり、結局QWERTYに戻ってしまいます。

IMG_4556のコピー

画面上に出るキーボードだと、大量の文字入力は辛いです。
もの書きの仕事もやっていますので、キーボードには拘りたい。
bluetoothキーボードの”iLepo“を、常に持ち歩いています。

IMG_4553

折りたたんだ状態では、iPhone6sとそれほど変わらない大きさです。厚みもせいぜい2倍程度。

IMG_4554

レバーを引っ張って開きます。

IMG_4555

開いた状態。大きさ比較のため、背後にアップルのMagic Keyboardを置いています。
それなりのキーピッチを確保していることがわかります。

IMG_0226

入力はスムーズです。コピペボタン等も機能しています。
iPhone6sは、別途購入したスタンドに載せています。

IMG_0227

ctrl+spaceキーで、日本語<>英語の切り替えも可能です。

これで、どこに居ても快適な文字入力環境が構築できます。
キーボードを置くための平らなテーブルは必要ですが・・・・

関連記事

  1. シンプルなままにしよう

    PDF内検索の活用

  2. ディスコミュニケーション

    ビデオ会議で足りない「アイコンタクト」

  3. パズルを組み合わせる

    VRの時代はいつ来るのだろうか(Oculus Go 購入)

  4. 【ワード】表の幅・高さを揃える

  5. オフィス2007以降のファイルを2003以前のオフィスで開く方法

  6. 【Mac】Touchbar雑感

最近の記事

  1. 撮影、カメラ、草原
  2. 2019.09.19

    あの花の名前
  3. ピザ
  4. ディスコミュニケーション

カテゴリー

読書記録(ブクログ)