• IT

入力文字数や自分のクセを見る(ATOKマンスリーレポート)

経営コンサルタントというのは大量の文章を書く仕事です。
なので、パソコンの性能や入力の機能にはこだわりたい。

パソコンは1年半に一回買い換え、その時点で最強のスペックのものを買います。
日本語入力ソフトは、日本で開発され、実績のある「ATOK(エイトック)」を使っています。
月額課金のクラウドサービスで、ATOK Passportという名称です。

ATOKパスポートの機能で「マンスリーレポート」というものがあります。
月次の日本語入力に関する統計情報をお知らせしてくれます。

例えば、文字数。

8月は16万字、原稿用紙にして405枚分の文字を入力したようです。
30日で割ると、一日14時間くらいパソコンの前にいたことになります、これは何かの間違いだと思いたいです。

他にも自分がよく間違うキーや間違い方(打ち過ぎ、打ち漏れなど)がわかります。

見えれば、測定できれば、それは改善できるはず。
文字入力数は仕事なので仕方がないとして、タイプミスは修正していきたいです。

関連記事

  1. 当社のITツール活用(1)〜アケルン

  2. デジタルデトックス効果

  3. 当社のITツール活用(7)〜 そのメリットに比べ、コストは安い

  4. タブレットを電車で眺める

    IPA「中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査 事例集」…

  5. 結局はキーボード入力に落ち着く。

  6. 検索

    検索結果に会社情報を。Googleマイビジネスの登録

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 正義、校正、法律
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)