本屋になりたかった

子供の頃、将来は本屋になりたいと思っていた。
一日中本が読めるなんて素晴らしい仕事だと。
まあ、現実はそんなものではないだろうが。

開店意欲減退で書店数減に拍車 大手取次の取引書店推移で開店数減少顕著に
https://book-link.jp/media/archives/8532

今は、ならなくてよかったと思っている。
縮小していく市場で商売をする難易度は半端ではなく、きっと私はうまくやれないだろう。

かくいう自分も、今はアマゾンで本を買うことが多い。理由は便利だからだ。電子書籍の購入も増えた。
本屋の空間が持つ魅力、偶然がもたらす素晴らしい本との出会い。それは否定しない。
ただ、ネット書店の便利さを凌駕するほどの魅力ではなかった、ということなんだと思う。

それでもまだ、小さい本屋の店主になりたいという思いは残っている。
老人になったら、儲け度外視でやってみようか。店番中にポックリ死ねれば、なお良い。

関連記事

  1. 行きたかった図書館

  2. 「一冊の本は、延期された自殺だ」〜2022年読書まとめ

  3. 一時間の読書で 〜2023年読書まとめ

  4. 自分を拡げる(2012年読書まとめ)

  5. 本棚

    たった一冊の本しか読んだことのない者を警戒せよ 〜2017年読書まとめ…

  6. 参考資料「データでみる県勢 2016」

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)