活字の舟

有名な推理小説家である江戸川乱歩は
読書の醍醐味を「活字の舟」と表現したそうだ。

活字の舟に乗れば、現実という陸地を離れ
外国だって異世界だって行ける。過去も未来も選び放題だ。
乗船代は安価だし、その舟はどこにだって持ち運べる。
ちょっと手荒に扱っても問題ない。

今ならば動画というもっとゴージャスな客船?もある、
そっちが好きな人も多いだろう。
アニメだって、漫画だって素晴らしい。

私はどんな舟にも好き嫌いなく乗っているけれど、活字の舟なりの良さも捨てきれない。
YouTubeのように至れり尽くせりではないけれど、私にはそちらの方が性に合うようだ。
豪華客船の高速定時運行よりも、小さな木造船を自分のペースで漕いでいたいのかもしれない。
額に汗をかき、風景を眺めながら。

ところで、高校生の頃から好きだった江戸川乱歩の名言?がある。

「うつし世はゆめ 夜の夢こそまこと」

そういうふうに、世界を眺めていたいものだ。

関連記事

  1. リーダー(Leader)は読書家(Reader)であれ(2016年読書…

  2. 本棚

    たった一冊の本しか読んだことのない者を警戒せよ 〜2017年読書まとめ…

  3. 日本マーケットシェア事典2022

  4. 読書の効用(診断協会 福岡部会 部会報寄稿)

  5. 本が読めればそれでいい

  6. 複数の人生を生きる(2014年読書まとめ)

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)