本が読めればそれでいい

本を好きなだけ買えること。
買う際に値札を見ないこと。
読む時間を確保すること。
人生において、他に特にリクエストはない。

家族、会社と社員、そして取引先の幸せは望むけど、
こと自分のことでいえば、本が読めればそれで満足だ。

本を読む時間が欲しいので、移動はなるべく公共交通機関を使っている。
エレベータに乗っているわずかな時間も文庫本を開いている。
待ち合わせ相手が集合時間に遅れてもまったく気にならない。むしろ本を読む時間が増えて嬉しいくらいだ。

本を買い続けるためには、安定した収入が必要だ。
ただ読書しているだけでは一銭にもならない。
得た知識をアウトプットしてお金に変えなければならない。
ブログでアフィリエイト?それでは社員の給料は払えない。

なので経営コンサルタントをやっている。
読書で得た広汎な知識が活かせる職業だから。

関連記事

  1. 本棚

    経営コンサルタント(中小企業診断士)の読書量

  2. 旅行案内書を読んでおく〜2021年読書まとめ

  3. 自分を拡げる(2012年読書まとめ)

  4. 良本の要約が読める雑誌「トップポイント」

  5. アマゾンを使って図書館の本を検索・予約する方法

  6. 本棚

    知識への投資は最大の利息を生む(2020年読書まとめ)

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)