孤独、瞑想、読書

人が真に自分自身になるのは、公的な生活、世俗、仕事にある時ではなく、
孤独、瞑想、読書によってである。
ー モンテーニュ

モンテーニュも、キケロの受け売りらしい。

真の自分自身なるものが本当にあるかどうかについては懐疑的であるが、
孤独、瞑想、読書のない生活が続いてしまうと、
自分が溶けて壊れていくように感じるというのは、
過去の経験から個人的にはそう思う。

孤独、これは十分に間に合っている。なんたって、孤独の代名詞である経営者をしているのだから!
瞑想、これも習慣的に行なっている。
禅寺に通ってみたのだが、住職と合わず1回で辞めてしまった。
読書、これもずっと行なっている。キケロはもちろん、モンテーニュが生きた時代にはメディアは読書だけだったが、
今なら動画やオーディオブックもある。読書が特権的に優れているとは思っていない、自分が好きな方法で勉強すればいい。

孤独になれなくて、瞑想もできなくて、読書もままならない状況はまずい。
自分の判断に自信が持てなくなるし、思考力も衰える。ミスも増える。
そうならないように、どんなに仕事が忙しかろうと、孤独の時間を持ち、瞑想を嗜み、読書に耽る。
2023年もそこは譲らないようにしなければ。

関連記事

  1. リーダー(Leader)は読書家(Reader)であれ(2016年読書…

  2. 疑問を解決する、壊す

    経験と常識を再構成するための勉強を

  3. 「一冊の本は、延期された自殺だ」〜2022年読書まとめ

  4. 本棚

    【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

  5. 書評「ストーリーとしての競争戦略:楠木健」

  6. しおり位置を自動調整する「ワイヤークリップブックマーカー」

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)