【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

本棚

活字中毒の親友、Amazon Kindle Oasis。

大画面スマホでも読書はできるけれど、
電子インクで画面描画を行うキンドルはバックライト不要で、
晴天下の屋外でもしっかりと文字が視認できる。

読書専用機なので、
SNSからの通知に邪魔されることもない。

片手で操作でき、電車でつり革に捕まったままでのページめくりも簡単だ。
#紙の書籍だと片手でページをめくるのはコツがいる。

移動中は仕事をしているか、Kindleで本を読んでいるかのどちらかだ。

スマホの電子書籍リーダーで満足しているのか、
ただ本を読むだけにしては価格が高いせいか、
あまり使っている人を見かけない。

活字中毒にとっては、大量の本をかさばらずに
持ち歩けるなんて夢のような時代だ。

関連記事

  1. USB-C <-> ライトニング アダプタ

  2. 定額読み放題サービスで考える経営コンサルタントの将来

  3. 物理キーボードの愉悦。BlackberryKEYOne

  4. ケーブルをまとめろ

  5. コンセント付きモバイルバッテリー

  6. テキスト入力専用端末の「禅の美学」。ポメラDM200

最近の記事 おすすめ記事
  1. 幽霊、おばけ、モノクロ
  2. 出張、旅行
  3. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)