【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

本棚

活字中毒の親友、Amazon Kindle Oasis。

大画面スマホでも読書はできるけれど、
電子インクで画面描画を行うキンドルはバックライト不要で、
晴天下の屋外でもしっかりと文字が視認できる。

読書専用機なので、
SNSからの通知に邪魔されることもない。

片手で操作でき、電車でつり革に捕まったままでのページめくりも簡単だ。
#紙の書籍だと片手でページをめくるのはコツがいる。

移動中は仕事をしているか、Kindleで本を読んでいるかのどちらかだ。

スマホの電子書籍リーダーで満足しているのか、
ただ本を読むだけにしては価格が高いせいか、
あまり使っている人を見かけない。

活字中毒にとっては、大量の本をかさばらずに
持ち歩けるなんて夢のような時代だ。

関連記事

  1. レーザーポインタよさようなら。ロジクール スポットライト レビュー

  2. Magsafeの復活。Snapnator

  3. 読書の効用(診断協会 福岡部会 部会報寄稿)

  4. 短距離移動はキックボードで

  5. それはムダなものではあるが

  6. 商品の機能を見直す(消せるマッキー)

最近の記事 おすすめ記事
  1. SWOT分析
  2. デジタルで伝える

読書記録(ブクログ)