【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

本棚

活字中毒の親友、Amazon Kindle Oasis。

大画面スマホでも読書はできるけれど、
電子インクで画面描画を行うキンドルはバックライト不要で、
晴天下の屋外でもしっかりと文字が視認できる。

読書専用機なので、
SNSからの通知に邪魔されることもない。

片手で操作でき、電車でつり革に捕まったままでのページめくりも簡単だ。
#紙の書籍だと片手でページをめくるのはコツがいる。

移動中は仕事をしているか、Kindleで本を読んでいるかのどちらかだ。

スマホの電子書籍リーダーで満足しているのか、
ただ本を読むだけにしては価格が高いせいか、
あまり使っている人を見かけない。

活字中毒にとっては、大量の本をかさばらずに
持ち歩けるなんて夢のような時代だ。

関連記事

  1. コンセント付きモバイルバッテリー

  2. 物理キーボード搭載のオンリーワン端末。Blackberry Key2

  3. 5種類のアロマを気分に合わせて、どこにいても(Sony Aromast…

  4. 多数の筆

    大型モニタをペン対応に。てれたっち(DA-TOUCH)

  5. 撮影、カメラ、草原

    iPhoneXの交換レンズ兼ケース、Shiftcam2.0

  6. 書評「ストーリーとしての競争戦略:楠木健」

最近の記事

  1. 2021.01.18

    永遠に準備中
  2. 2021.01.08

    管理すべきは
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)