巨人の肩に乗って(2013年読書まとめ)

書物を読むということは、他人が辛苦してなしとげたことを、容易に自分に取り入れて自己改善をする最良の方法である。
ソクラテス

というわけで、毎年恒例の読書まとめ。

yonequeraのバインダー – メディアマーカー


#2018/10/8追記
メディアマーカーのサービス停止に伴い、「ブクログ」へ移行しました。
https://booklog.jp/users/yonequera

読破数

2013年読了数(360冊)

一日一冊にはわずかながら及ばず。あと5冊なので帰省してから読める!と思っていたら、実家に着くやいなや母親より年賀状データベースの入力を命じられ、達成できませんでした。

ただ、毎年忙しくなっていく仕事のなかで、前年比プラス94冊を読破できたということで個人的には満足しています。

たくさん読めばいいってもんじゃないですけどね。
経験も大事ですけど、経験を他の事例に敷衍できるようにするためには、知識が必要です。

経験だけじゃだめ、知識だけでもだめ。考えればあたりまえの話です。

中小企業診断士だ、先生だなんつって威張っていても、現場の経験ではクライアントに勝てるわけないので、その分知識量を増やさないといけません。

表を見ると、Kindle(電子書籍)の購入頻度が昨年より上昇しています。やはり、いつでも購入できてかさばらないというのは魅力です。

 

 

購入金額

2013年書籍購入金額(約58万)

約58万、今年も後先考えずに買いました。
最近は購入した書籍はすぐに裁断>スキャン>PDF化しているので、以前のように「本買ったけど、もう置くところがない・・・貸倉庫を借りるべきか云々」という悩みが消えました。

いつも書いているように、本代というのは経営コンサルタントとして喰っていくための「売上原価」なので経費がかかるのは仕方がありません。

福岡県中小企業団体中央会の会報に連載を持たせてもらってから2年間、ネタ切れにならず連載を続けてこられたのも、過去の読書によるネタの蓄積あってこそです。

 

巨人の肩に乗って

2011年の読書まとめでも言及してますが、好きな言葉なのでもう一度。
アイザック・ニュートンは1676年2月15日にロバート・フックに宛てた書簡で次のように書いています。

If I have been able to see further,it was only because I stood on the shoulders of giants.

私がさらに遠くを見ることができたとしたら、それはたんに私が巨人の肩に乗っていたからです。

読書により、たくさんの巨人(偉大な先人)の肩に乗る。
遠く・広くを見わたしながら、目の前の仕事を着実にできるように。

今年も仕事の合間を縫って読書にいそしむことにします。

関連記事

  1. 複数の人生を生きる(2014年読書まとめ)

  2. 本棚

    【書評】「AIで仕事がなくなる」論のウソーこの先15年の現実的な雇用シ…

  3. 疑問を解決する、壊す

    経験と常識を再構成するための勉強を

  4. 本棚

    たった一冊の本しか読んだことのない者を警戒せよ 〜2017年読書まとめ…

  5. 携帯型ブックスタンドの活用(活字中毒の必需品)

  6. 旅行案内書を読んでおく〜2021年読書まとめ

最近の記事

  1. 2022.01.11

    実行力の差
  2. 2022.01.06

    さようならSNS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)