ひとり合宿その14(レゾネイトくらぶくじゅう)

当社は11月末決算なので、5月末で上半期が終わります。
下半期の事業計画を検討するために、大分県くじゅうの高原にあるホテル、
「レゾネイトくらぶくじゅう」でひとり合宿を行いました。

部屋にこもって下半期の事業計画を検討します。
バルコニーで高原の涼しい風を浴びたり、温泉に入るなどして気分転換しつつ、
将来のことを考え、文字や図表に落としていきます。

下半期はフロウシンクにとって大きな変革を予定しており、
うまくいけば大幅な事業の拡大が予想されます。

オフィスや自宅では、どうしてもルーチンの仕事に追われてしまう。
会社の計画を作るためには、一度、俗世間?から
離れた場所に身をおいて、自分の頭だけで考える時間が必要だと思い、
定期的に「ひとり合宿」を行っています。

考える時間は必要です。たとえ、どんなに忙しくても。

場の情報

経済学者のフリードリヒ・ハイエクは「場の情報」という
概念を提唱しました。
情報(の一部)は「場」に固着していて、
インターネットやVR技術がどんなに進歩しても、
それでも「そこに行かなければわからない」情報というのが残っている。

これからもいろんな場所で「ひとり合宿」をしていこうと思っています。
「場の情報」から得られるものが、きっとあるでしょうから。

関連記事

  1. ひとり合宿その11(延岡、高千穂)

  2. ひとり合宿その12(天草)

  3. ひとり合宿その3〜オランダ、ベルギー

  4. アメリカ旅行(5)〜セドナ

  5. アメリカ旅行(2)〜フーバーダム

  6. 白野江植物公園。今年最後の紅葉

最近の記事 おすすめ記事
  1. 本棚
  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

読書記録(ブクログ)