診断士協会理事退任、これからは別の形で業界に貢献を

先日、福岡県中小企業診断士協会の総会が行われ、
6年務めた理事を退任することになりました。

表彰状と贈答品をいただきました。
ありがとうございました。

仕事との両立が難しくなっていた

前半は常任理事兼広報委員長として、
後半は理事として活動していました。

正直なところ、特に後半は仕事の都合がつかず、
理事会も欠席が続いていました。
これでは理事の職責を果たすこともできないので、
今回の改選では立候補を見送りました。

なんとなく理事になってみたけれど

もともと偶然から始まった事でした。
先輩の先生から「理事立候補してみない?」と誘われ、
軽い気持ちで理事になりました。

常任理事は会長が指名するのですが、
第一指名は「辞退します!」とけんもほろろ、
第二指名は「仕事が忙しいので・・」と辞退、
「じゃあ、米倉さん」という形で、なんというか
仕方なく指名されたというのが実際の所です。

実り多い6年でした

成り行きで始めた理事活動でしたが、
理事会での議論などいろいろと学び多い6年だったと思います。

何よりも、自分がお世話になっている「中小企業診断士」という資格に、
わずかながらでも貢献できたと思えたのが一番の収穫だったかと。
まあ、本当にわずかではあるのですが。

会長をはじめとする旧理事会の皆様、本当にお疲れ様でした。

これからは別の形で業界に貢献していきたいと思います。

関連記事

  1. 中小企業診断士バッジが新しくなった

  2. リスクに備える(中小企業診断士賠償責任保険)

  3. かつては「中小企業診断員」だった

  4. 診断士登録更新終了、次の5年は「個人」から「会社」への脱皮

  5. きづいたらもう独立9年目

  6. ビジネスパーソンが取りたい資格ナンバーワンは「中小企業診断士」

最近の記事 おすすめ記事
  1. ディスコミュニケーション