ものづくり補助金:高度連携促進事業の事務局募集開始

「ものづくり補助金」の本予算分、「高度連携促進事業」の、事務局の募集が始まりました。

※あくまで事務局の募集です。中小企業の方、受付がはじまったわけではないので焦らないで大丈夫です。

中小企業庁:平成31年度当初予算事業「ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業」に係る事務局の募集及び同補助金の事前予告を行います

今年の「もの補助」は二本立て

この「高度連携促進事業」とは、ものづくり補助金の2累計、すなわち
「企業間データ活用型」
「地域経済牽引型」
の二つのための「別枠」です。H31年度本予算です。

既に事務局が中央会に決定した「生産性向上促進事業」の方が、
「一般型」「小規模型」の予算(H30年度補正2次予算)ですね。

事務局はどの団体になる?

高度連携促進事業も、中央会が事務局になるのでしょうか?
もし別の団体がなったとしたら、同じ「ものづくり補助金」でも、
申請のルールが一般型・小規模型(中央会)と
企業間データ活用型・地域経済牽引型(未定)で
微妙に変わる可能性があり、ややこしくなりますね。

スケジュール予想

高度連携促進事業の中小企業向けの募集開始は、
本予算成立からおおよそ1ヶ月後とアナウンスされています。
本予算成立は3月末が通例であり、ということは
4月末ないし5月中旬(今年のGWは長いので)の公募開始となるでしょう。

ほとんどの中小企業が「ものづくり補助金」といえば一般型・小規模型です。
当社への依頼も9割以上がそうです。

高度連携促進事業は複数企業の連携が必須です。
申請を希望される中小企業は、「どの企業と組んで、何をするのか」を
今から検討しておいた方がいいでしょう。

関連記事

  1. 4月12日公募開始「事業承継補助金」

  2. ものづくり補助金追加情報(1)〜事務局公募要領より

  3. 2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助…

  4. 2019もの補助 結果分析(6)〜 事業計画名によく出てくるキーワード…

  5. 創業補助金は4月初旬開始。応募要件が厳しくなり、認定支援機関は不要に。…

  6. H28年創業補助金は「超」のつく狭き門に

最近の記事

  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)