屋上を狙って撃て

ムーンショットという言葉がある。

アメリカが月面に人類を送り込むプロジェクト(アポロ計画)をそう呼んでいたが、その後転じてチャレンジングな、不可能と思えるような壮大な計画のことを意味するようになった。
我が国の内閣府も「ムーンショット目標」として幾つかの壮大なものを設定している。

ムーンショット目標 – 科学技術政策 – 内閣府
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/target.html

壮大な目標を設定し、飛躍を狙う。それは素晴らしいことだ。
そんな目標が達成された記事を読むと興奮する。人類は偉大だなと。

もちろんそこには莫大な予算なり有能な人材が必要なわけだ。中小企業にはそぐわない、少なくとも当社のようなコンサル会社には。
我々にできるのは、月まで届くような一打(ムーンショット)ではなく、屋上に届くような確実な一打だろう。ルーフショットと呼ばれるそれだ。

月は無理でも、屋上なら届く。それを積み重ねていけば、月とは言わないまでも、高層ビルの屋上くらいなら、行けるかもしれない。

関連記事

  1. 一人だけ抜け出すイメージ

    自社の価値を見極める、たったひとつの質問

  2. 事務所に緑を

  3. 歯車

    ビジネスアイデアをかたち(モデル)にするお手伝い

  4. 福岡県IoT推進ラボ「現場ニーズ把握会」

  5. お前の代わりはいくらでもいる

  6. 交渉は勝ち負けではない

最近の記事

  1. 言葉に力がある

    2023.01.18

    言い方一つで
  2. 2023.01.16

    いい風に
  3. 2023.01.12

    シビアな世界

カテゴリー

読書記録(ブクログ)