二拠点生活

月に最低1回は東京へ出張している。今日も今から飛行機に乗って東京へ向かう。
もちろん仕事があるから行っているのだが(もっと案件を増やしたいが、なかなか)、
飛行機での移動と、東京での暮らしが、自分の人生にとっていいアクセントになっているように思う。

同じ場所にずっといると息がつまることがある。
今、自分はほぼ理想と言ってもいい環境にいると思っているが、
それでも、違和感というかむず痒さを感じる時がある。
この「ずれ」を放置していたら、思い込みや疑心暗鬼につながっていく。
幸せな環境が信じられなくなる、なんか嘘みたいに見えてくる。
実はみんな、陰で私のことを嘲笑しているのではないか?
今の環境は砂上の楼閣で、簡単に崩壊してしまうのではないか?明日にでも。

違う場所で暮らせば、その「ずれ」をリセットすることができる。
今の自分がどれだけ恵まれた、ありがたい環境にいるかを再確認できる。

仕事のためではあったが、東京と福岡の二拠点生活をすることを決めて本当によかった。
ホテル暮らしだと、同じような気持ちにはならなかっただろう。
東京でいろんな体験もできたし、かけた費用以上の効果はあったと思う。

関連記事

  1. デジタルで伝える

    コンサルタント(Consultant)の語源

  2. 穴が空けば、そこに何かが入る

  3. お金のことをなるべく考えないで済むように

  4. お金を積み上げる

    クライアントに成功報酬の増額を勧められた話

  5. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    どこかで役に立っているのなら

  6. 勝つための算段をしているか?

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)