法人化後、二期目の最終日。今期を振り返る

11月30日は当社の決算日。第二期が終わりました。

とはいえ、個人事業主として独立してからで言うともう7年以上自営業をやっているので新鮮味もありません。淡々と、この一年の成果を分析し翌期につなげていくだけです。

会計上(もっと言えば納税や株主への説明の都合上)、年に一回決算を行うわけです。
しかし、現実社会は当社の決算期などまったく気にしてくれないわけで、仕事は切れ目なく続いています(ありがたいことです)。

まだ正確な数値は出ていないので概算になるものの、昨年を上回る売上額となるのは間違いなさそうです。
今期は従業員の雇用等で固定経費は上昇しましたが、それを十分に吸収するだけの売上上昇となりました。
#従業員の努力のたまものです。私は去年から特に変わってませんが・・・・・

今年もあと一ヶ月。仕事は詰まっており、年末年始休暇も取れるかどうか怪しくなってきたのですが、期待される役割をしっかりとこなしていこうと思います。

関連記事

  1. 言いにくいことも言わなければならない職業

  2. 具体的とはどういうことか

  3. デジタルで伝える

    コンサルタント(Consultant)の語源

  4. ヒアリング情報は必ずしも事実ではない

  5. 飛び込み営業はできないから

  6. 「自由」で「安定」した職場(ギグエコノミーの台頭は誇張?)

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)