タッチポイント、全部使っていますか?

企業と顧客との接点を「タッチポイント」または「コンタクトポイント」と言う。

企業と顧客がダイレクトに繋がるわけではない。
そこには何らかの媒介(インタフェース)が存在する。
それは広告だったり、ウェブサイトだったり。
また電話や窓口での対応も立派なタッチポイントだ。

活用できているか?

これらのタッチポイントは、顧客にあなたの会社のこと、商品のことを理解してもらうための機会だ。

活用できているだろうか?

たとえば、顧客に出す請求書ですらひとつのタッチポイントとなり得る。
携帯電話はクレジットカードの請求書に、その企業が提供する別サービスの広告が入っているのはその一例だ。
窓口に掲示物があるのも、製品購入後に届く手書きのハガキも、すべてタッチポイントを有効に活用するための取り組みと言える。

あなたの事業のタッチポイントはどこか

自分の事業が潜在顧客からどうやって発見され、そしてどう接触されるのか。
交渉を行い、契約し顧客になるまでに、どんな情報のやりとりをするのか。
顧客になった後のサポートではどうか。

一度全体の流れを図示してみるとよい。(この手法は、カスタマージャーニーと呼ばれている)

そして、顧客とのタッチポイントを全て洗い出し、顧客満足を向上させるための方法を考える。
あなたの会社を理解し、あなたの商品を知ってもらい、さらなる購入に結びつけるために、何が必要なのか。

タッチポイントは貴重であり、おろそかにしてはならない。
タッチポイントで起きるささいな体験の積み重ねが、あなたの事業を競合他社とまるで違うものにするのだ。

関連記事

  1. H29年度予算成立、創業補助金、省エネ補助金など順次開始

  2. フロウシンクは、経営革新等支援機関(認定支援機関)です。

  3. 予測できるか、コントロール可能か

  4. 検索

    効果のある単語の組みあわせを探す(kouho.jp)

  5. ワーカホリックな生き方をしようと思えば

  6. グラフ

    住みやすい都市「福岡」?

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.22

    Google Pixel 3a XL
  2. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)