レッドオーシャンという言い訳

成熟したマーケットなど存在しない。
くたびれたマーケティング担当者がいるだけだ。
ーなぜリーダーは「失敗」を認められないのか/リチャード・S・テドロー著

「うちの業界はレッドオーシャンで・・」と社長がぼやく。
レッドオーシャンとは、血で血を洗うような、成熟した、競争の激しい市場のことを指す。

反対語にブルーオーシャンがある。差別化でき、競争のない市場だ。
経営学者は、企業はブルーオーシャンを目指すべきだと言う。確かにその通り。

では、成熟した市場(マーケット)というのは本当に存在するのだろうか?
冒頭の引用は言い得て妙で、どんなに成熟したように見える市場にも、
新しいやり方を持ち込んだ成長する企業が存在している。

理容業界におけるQBハウス、小売市場におけるGMS、後にカテゴリキラー。
IT業界におけるクラウドベンダ。

彼らは新市場を「創造」したのか?厳密には違う。

QBハウスに髪を切りに来るのは、これまで一度も髪を切ったことのない人ではなく、
従来は別の理容室で髪を切っていた人達だ。

彼らは既存の市場を区分けし切り出し、そこに自分の「居場所」を築いたのだ。

あなたがレッドオーシャンに居るとしたら、
生け簀なり波止場なり埋め立てなりで自分の居場所を作ろう。
どこかに、誰も知らないブルーオーシャンが手つかずで放置されている、そんなことはおそらく無い。

関連記事

  1. どのチャネルに依頼しても中小企業診断士の米倉がやってきた話

  2. カレンダー、ピン、予定、重複

    計画と、長すぎない時間

  3. 資料には写真や絵を入れよう(画像優位性効果)

  4. ヒアリング情報は必ずしも事実ではない

  5. 平成30年度 北九州市産業用ロボット導入支援補助金

  6. オフィス紹介

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)