ちょっと検索してみれば

自営業者や社長などであれば、インターネットを検索すれば何らかの情報が掲載されている。
HP、SNS、ニュース記事や公的機関の紹介など・・・・
年配の方ならいざ知らず、若い人ならなおさらだ。

世のなかは玉石混交であり、目の前で有能そうに言葉をまくしたてる人が果たして信頼できる人なのか、それとも詐欺師なのか、ぱっと見ただけではわからない。
見た目にだまされてはいけない。詐欺師であるほど、外見で疑われないよう、身なりに気を遣っている可能性がある。

なので、ネットで名前を検索してみよう。
目の前の人がなにがしかの成果を出しているのであれば、それなりの情報が見つかるはずだ。
今の世のなかで、ネットに名前(ニックネームでも芸名でも良い、本名かどうかはあまり重要ではない)を出さずに活動をすることは難しい。
自分が出さなくても、その人が本当にすごい人なのであれば、セミナーの主催者が、一緒に仕事をした誰かが、サービスを受けた顧客がそのことをどこかに記録し公開しているだろう。

会社名や個人名で検索しても、何も見つからなければ?
見つかったとしても、5年も前のセミナーの告知だったり、
最終更新が数年前の自分で作ったようなチープなホームページしかなかったら?

彼が言っていることを疑った方が良い。きっと彼は、誰からも評価されていない。
#ちなみに、フェイスブックの評価は当てにならない。友達の馴れ合いで水増しされている可能性があるからだ。

もちろん、本物の詐欺師は、ネット上でも巧妙に自分を演出している。
ちょっと検索しただけでは、上手な詐欺師を見分けることは困難だろう。

それでも、下手な詐欺師には引っかからないようになれるはずだ。

関連記事

  1. 福岡県商工会ニュース2018年1月号に寄稿しました

  2. 本日より2018年の業務を開始します。

  3. 専門家はゴールを与えてくれない。プロセスに力を注ぐ

  4. でかくて速いほうがいいだろう

  5. 注意が逆効果に

  6. 九州経済産業局「事業化支援専門家一覧」に掲載されました。

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)