法則がないのか、見えていないだけなのか

幽霊、おばけ、モノクロ

ある会社の製品に対する需要がランダムに変動している、
だから予測は不可能だ。

果たして、本当にそうだろうか。

実際には変動の理由を探ることをあきらめているのでは?
ランダムなのではなく、自分の理解の限界を露呈しているということ。

見逃している要素はないだろうか。
要素と要素の関係性の認識を誤っていないだろうか。

法則を見つけ、予測さえできれば、改善のポイントもわかる。
業績を上げるために、何にお金と時間を投入すればいいのかも。

関連記事

  1. 当たり前にやれば、それだけで

  2. 飛び込み営業はできないから

  3. 九州経済産業局「事業化支援専門家一覧」に掲載されました。

  4. オフィス紹介

  5. 受講者が福岡市内で法人設立する場合登録免許税が無料に。創業セミナー「若…

  6. 売上は虚栄心、利益は健全性、現金は現実

最近の記事

  1. 2020.10.13

    数字は数字
  2. 2020.10.08

    罪とバス

カテゴリー

読書記録(ブクログ)