聞けば分かること

経営コンサルタントというのは、経営に関するお悩み相談室なわけで、
日々いろいろな業界のいろいろな立場の人から問合せを受ける。
よく遭遇するのは、「それ、直接聞けばいいんじゃない?」というような案件だ。

たとえば社長が「幹部が何を考えているのかわからない」と嘆く。
現場が「会社の方針が見えない」と愚痴る。
若手社員が「ベテランからいじめられている」と不審がる。

聞けばいいじゃないか

問題が明確で、誰が答えを知っているのかも明らかなのだから、
部外者である経営コンサルタントの私に相談するくらいなら、直接本人に聞けばよい。

経営コンサルタントは相談で金を取るが、本人に聞くならタダだ。

社長は胸襟を開いて、幹部が何を考えているのか聞けばよい。
現場は管理者や経営陣に「会社の方針は何ですか」と問い合わせればよい。
若手社員はベテランに「私はいじめられているように感じますが、どう考えているのですか」と聞けばよい。

本人に確認せず、周囲に不満を漏らしたりしても無駄だ。一時的な気休めにはなるけれど、ただそれだけ。
周囲から共感を得られても、派閥のようなものを作っても、問題は何も解決しない。

直接確認すれば、ほとんどのことは「思ってたのと違い、たいした問題でなかった」ことがわかる。
確認しないから、自分の中で疑問が増幅していき、社長や会社やベテラン社員を嫌いになり、遠ざける。そして関係がギクシャクするようになる。

怒られたら、その人とは距離を置く

ときどき、聞いただけで怒り出すような、対話のできない手合いもいるのだけれど、
それは「ヤバイ奴」を発見できたということでプラスに考えよう。

そしてその人からはなるべく早く距離を置いた方がよい。

関連記事

  1. ブログは残る。SNSは流れていく。

  2. 業務フロー

    2017年版中小企業白書、小規模企業白書の公開

  3. お金を稼ぐ

    コンサルタントは「同伴者」ではない。

  4. 「自由」で「安定」した職場(ギグエコノミーの台頭は誇張?)

  5. 顧客は何を「求めていない」のか。彫刻を削り出す。

  6. 救命浮き輪

    恩返しと、その終わりの話

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)